桐ヶ谷斎場を利用するメリット|故人を偲ぶ

女性

特に相場はありません

花

お盆に載せて渡す

人間の死は突然に発生します。最後の儀式として、亡くなった方の家族等はお葬式を行う必要があります。お葬式では亡くなった方の冥福を祈ることになり、僧侶による読経などをあげる必要があります。お布施は、仏式の葬儀の際に通夜、葬式、告別式などにおいて読経してもらったり、戒名などをつけてもう際に僧侶に渡す謝礼のことです。お布施は仏教の言葉であり、財施・法施・無為施を表す言葉であると云われています。財施は、生活に苦しむ者などに対して金銭や物品を与える行為です。法施は、僧侶が仏教の正しい教えを説き、精神的に救う行為を表します。無為施は、不安や恐れを抱く人に安心を与える行為を表します。戒名をつけてもらう場合には、戒名料として渡す場合もあります。また、お坊さんが遠方から来る場合には、交通費としてお車代を包む場合もあります。葬式の際に、お布施をどれぐらい渡す必要があるのかを悩む人がいますが、特に相場はありません。直接、お寺さんに尋ねても、「お気持ちで結構です」と回答される場合が多いようです。金額等が不明な場合には、葬式を執り行う葬儀社に相談することが効率的です。お布施を渡す場合には、白い封筒や半紙に入れた上でお盆に載せて渡すのが一般的です。黒い水引などの不祝儀袋を使用することはありません。僧侶へお布施を渡す場合は、葬式の終了後にお礼の言葉を述べた上で、渡す必要があります。お布施は、四十九日法要や一周忌などの法要の場においても、僧侶に渡す必要があります。お盆が準備できない場合には、袱紗の包んで渡しても問題はありません。