桐ヶ谷斎場を利用するメリット|故人を偲ぶ

男女

見積もりを取って比較する

葬儀会社に頼む際は、相見積もりをとることが大事です。東大阪には多くの葬儀屋さんがあるので、見積もり比較することである程度業者が絞れます。葬儀屋選びは、見積もり金額だけでなくスタッフの対応等も考慮に入れて選ぶ事が大事です。

葬儀の種類

生駒では様々な形式で葬式が行われており、それぞれ特徴とメリットが違うため、故人に相応しい形式で葬式を行うことが大切になります。生駒で増えている葬式が家族葬で、身内と親しい関係者だけで葬儀を行うため、落ち着いた雰囲気の中で故人とお別れできます。

特に相場はありません

仏式の葬式の際にお坊さんに渡すのがお布施です。いくら払えばいいか分からない方は、葬儀社に相談することができます。またお布施を渡すときは、お盆の上において白い封筒に入れるといいでしょう。これは葬式だけでなく、四十九日や一周忌などの際も必要になります。

総合斎場を利用する

葬儀

遺族に負担の少ない葬儀

お葬式に対する考え方は、人それぞれです。盛大なお葬式を希望する人もいれば、簡素な葬儀で構わないと考える人もいます。最近では、遺言書に自身の葬儀について書き記す人が増えてきました。そして、その多くの人が家族葬や小規模葬を望んでいるのです。故人の遺志は、葬儀において最も尊重されるべき事柄と言えましょう。簡素な葬儀を希望する場合には、総合斎場を利用する手があります。総合斎場とは、お通夜、お葬式、火葬までを一か所でできる施設です。東京でお勧めの総合斎場と言えば、多くの人が桐ヶ谷斎場をあげます。桐ヶ谷斎場は、品川区の西五反田に位置しています。モダンな外観は、市民センターを思わせます。その桐ヶ谷斎場で家族葬を希望する人が増えています。これまでの常識として、斎場選びは、葬祭業者側が主権を握っていましたが、最近では利用者の希望を反映する形になってきました。桐ヶ谷斎場を希望したいと葬祭業者に伝えれば、それに沿って葬儀の流れを考えてくれるようになりました。葬祭業者を選択する場合は、この点について注意するべきです。利用者の意向を尊重してくれる業者をしっかり選ぶことが重要です。葬祭業者の多くは、ホームページを持っているので、より良い業者も探しやすくなりました。ネット上で細かい料金体制を載せている所も多く、その点でも比較しやすくなっています。その上で、葬儀の対応や個人の申し出をどれだけ反映してくれるかが、選択肢となります。